ポケモンXY ボーマンダ育成論ポケモンXYのボーマンダの育成論を紹介します。
ゴツゴツメット持ちの物理受け・耐久型です。

シナモンさん投稿の育成論となります。

=>今までのシナモンさん育成論一覧はコチラ

 

物理耐久型という、少し特殊な型だと思うので
興味がある方は是非読んでみてください。

ボーマンダの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
ボーマンダ 95 135 80 110 80 100

主にダブルルールで活躍できるポケモンでシングルではあまり見ません。
ですが、今回はシングル用のボーマンダの育成論です。

特性の威嚇をうまく使って闘っていきます。

今回紹介するボーマンダの型

性格:ずぶとい
特性:威嚇
持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H252,B252,C6
技構成:鉄壁、毒毒、羽休め、大文字

性格、特性、持ち物、努力値などについて

今回のボーマンダは耐久型のボーマンダなので
性格と努力値は物理耐久特化となる図太い、HB252で確定。

持ち物は、物理アタッカーに出して行くため、当然ゴツゴツメット。
特性も、物理アタッカーに出すので相手の攻撃を下げる威嚇で確定です。

技構成

●鉄壁(確定)
これが無いと4倍弱点で痛手を取られます。

●毒毒(確定)
メインウェポン(笑)
主にメットとこれで負担をかけ、積みにきた相手を受け流すため。

●羽休め(確定)
ガブリアスとの大きく違う所。
回復できて弱点を減らせる強力な技です。

●大文字
毒毒が効かない毒毒受けキラーのキラー。
主にムドーやナットに大きく刺さります。
ただし、あくまでサブウェポンです。

物理受けボーマンダの考察など

ボーマンダと言えば両刀がしやすく、夢特性の自信過剰が強力なドラゴンポケモンですが、
他のドラゴンポケモンの能力と比べると、劣る所があり、またフェアリーの登場により、
自信過剰逆鱗がつかいずらくなり、他のドラゴンポケモンより使われる機会が少ないポケモンです。

更に、物理受けドラゴンはサメゴツガブが圧倒的に多く、
まずこの方をみる機会は無いと言っていいでしょう。
しかし、あえてボーマンダを使う理由が大きく2つあります!

1つめが特性の威嚇。
これにより攻撃を下げ、相手が積んでいなければ大抵の抜群は耐えてしまいます。

2つめが技!これが最も大きい差別化です。
主に受けで使うドラゴンはカイリューとガブリアスですが、
この2体とも差別化出来る点ははねやすめと鉄壁の両立です。

ガブリアスはメットと鮫肌で大きくダメージを与えますが、回復ができません。
カイリューはマルスケとはねやすめでカバー出来ますが、
防御が上がらず、チラチーノなどの後出しに弱いです。

しかしボーマンダならばチラチーノのロクブラも威嚇だけでもギリギリ耐えて負担をかけられ、
さらにはドラゴンキラーで有名なギャラドス(ハチマキ、メガでも1たえる)などの
氷の牙も威嚇と鉄壁1積めで半分以下ですんでしまうなど、
4倍弱点を耐えるかなりの耐久力を持ちます。(但し、特殊アタッカ、はらだいこマリルリはきつい)