スポンサーリンク

ポケモンXY カポエラー育成論!シングルチョッキ型・努力値調整・技構成【読者投稿】

ポケモンXY カポエラー育成論ポケモンXYのカポエラー育成論です。
シングルで使うチョッキ型の努力値調整や技構成など・・・。

crashさん投稿の育成論となります。

=>crashさんの今までの育成論一覧はコチラ

カポエラーはダブルでよく見るポケモンですが
シングルで使おうと思っている方は是非見ていってください。

カポエラーの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
カポエラー 50 95 95 35 110 70

HPが少ないですが、防御と特防がそこそこあるので
Hに振れば結構かたくなります。

特性が威嚇なので、ダブルでよく見かけるポケモンですね。

 

今回紹介するカポエラーの型

性格:いじっぱり
特性:威嚇
努力値:H252,A170,B84,S4
技構成:がむしゃら、飛び膝蹴り、マッハパンチ、地震
持ち物:突撃チョッキ

 

ポケモンXY(第6世代)のカポエラーについての考察

従来のカポエラー(シングルの)は特性テクニシャンが主流で
テク二猫騙し+ジュエルとび膝+テクニマッパで相手に負担を与えるのが普通でした。

しかし、今作にてジュエルが没収されてしまったこと+フェアリーとギルガルドの登場によって
格闘技がうちにくくなってしまいました。
つまり、現環境では格闘技頼みではカポエラーはポケモン界では生きていけません。

 

また、今作メガ進化の登場で種族値がぶっ壊れているポケモンが蔓延しているため
テク二プレート型では耐久が足りません。では、どうするのか?

答えは特性威嚇を採用し持ち物は新アイテム突撃チョッキをもたせることです。
これにより物理耐久、特殊耐久ともに上昇しメジャーポケの攻撃を耐えれます。

 

採用理由

特性威嚇+持ち物突撃チョッキによりメジャーポケの攻撃を耐えれること。
メジャーポケの攻撃をぎりぎりたえることで
がむしゃら+マッパで確実に落とせるためタイマン性能は非常によいこと。

この2つです。チョッキブシンとは威嚇とがむしゃらで差別化できます。

 

主な使い方

相手がギルガルドを使ってきそうだと思ったら地震は隠し持っておくことをおすすめします。

基本的にがむしゃらマッパで1体倒したいため先発又はラス1同士(ファイアローは無理)で
戦わせることをおすすめします。

 

性格・努力値・持ち物

●性格について
必要な耐久は補正をかけなくても足りるので意地っ張り確定です。

●努力値について
Hはぶっぱ、Bは威嚇込でガブリアスの逆鱗確3調整、Sは同速意識で残りはAです。
チョッキのおかげでDに振らなくてもメガリザYのオバヒを高乱数で耐えれます。

●持ち物について
上記にかいた通り努力値を振らなくても特殊耐久を確保できるので突撃チョッキ一択です。

 

技構成

●がむしゃら(確定)
ブシンの差別化にもなり今回の主役なので確定です。

●とび膝蹴り(確定)
一見インファイトでもいいのでは?と思いますが、
インファではH4メガガルへの乱数が変動するので、こちらで確定です。
得意な相手にはこれで殴ります。

●マッハパンチ(確定)
がむしゃらマッパが今回のキモなので確定です。

●じしん(確定)
ギルガルドメタです。ギルガルドを非常に呼ぶので確定です。

 

ダメージ計算

●火力
・とび膝蹴り
でH4メガガルーラ、サザンドラ確1
・とび膝蹴りでH252バンギラス確1
・とび膝蹴りでH252ハッサム52.5~61.5%(確2)
・地震でH252ヒードラン90.9~109%(50%で確1)
・地震でH252ガルド40.7~47.9%(確3)

●耐久
・特化晴れメガリザYのオバヒ84.7~100%
・威嚇込みガブの逆鱗42~49.6%

 

地震について

ダメージ計算に載っているようにH振りギルガルドに確3です。

これでは対策になっていませんが、
ギルガルドにステロダメ2回又は霧ダメ2回又はボルトチェンジで31ダメージ以上あらかじめ与えておけば、
とび膝よみでガルドででくる→ここで交換よみ地震→先制で地震で倒せます!

 

対ガブリアスについて

ガブリアスの-1逆鱗は2回耐えれますが、鮫肌ダメ込だと耐えれません。
対ガブリアスに関しては・・・

ガブ逆鱗読みでカポ出す→逆鱗くらう→また逆鱗くらう→がむしゃらで削って鮫肌で退場
後続の起点にする(削れたギルガルドにも強いメガギャラと組ませると良い)

の流れで対処します。

投稿者から一言

いかがでしたか?
いつもよりかなり長くなってしまいましたがカポエラーの強さを十分伝えられたと思います。
これで育成論を終わります。最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

urutora
 

コメントを残す