スポンサーリンク

ポケモンXY ニャオニクス育成論(壁張り型)オススメ技構成と起点作り

f6ee43cbポケモンXYのニャオニクス♂の育成論です。
オスのニャオニクスの強みは
夢特性がいたずらごころという点ですね。

この夢特性を活かした起点作りの為の
壁張り型ニャオニクスのオススメの技構成など
育成論を書いていきますね。

ニャオニクスの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
ニャオニクス 74 48 76 83 81 104
クレッフィ 57 80 91 80 87 75

同じいたずらごころを持つ、クレッフィの種族値も載せておきます。

せっかくならクレッフィと差別化できるような技構成が良いですよね。

ニャオニクスの性格・特性・持ち物

性格:ずぶとい
特性:いたずらごころ
努力値:H252,B252,S6
技構成:リフレクター、ひかりのかべ、あくび、いばるorサイコキネシス
持ち物:ひかりのねんど

使い方について

耐性が少ないので、後出しには向いていません。
その為、先発で出して壁をはって、あくびで退場するのが無難。

あくびを使ってもニャオニクスの体力が残っていれば
いばるなどを使っても良いでしょう。

壁のターンを計算しつつ、うまく積み技を持っているポケモンに繋ぎましょう。

努力値と性格

性格は図太い。努力値ですがHB252。で残りはSです。
クレッフィを確定で抜くことも考えましたが
Sに努力値を振ると、その分耐久がおろそかになるので耐久に全振りしましょう。

残りをSに振ってるのは、ミラーでニャオニクスに先に身代わりをはられると
何もできないので、S6としました。

HB252に関しては、パーティと相談してHD252でも良いです。
一応相手の先制技、ファイアローのブレバなどを考えると
HBの方が安定かと思います。

技構成

●リフレクター、ひかりのかべ(確定)
これが前提の型なので確定。相手のポケモンによって
どちらの壁から使うか決めて、2枚壁をはって
うまく後ろに繋ぎましょう。
Bに振っている事を考えると、できれば光の壁からはりたいところ。

●あくび(確定)
これも前提なので確定。あくびを使う事で後ろのポケモンに繋ぎます。
理想としては、あくびをうってから、相手に倒されるのが理想です。
無理な場合は、あくびを何度か打って、相手が交換で出してくるポケモンを読み
有利な相手を交換読みで出して、積み技を積んでいくのが良いですね。

●いばる
サイコキネシスだと威力不足で、Sに振らない事などから
いばるもオススメです。何もする事がなくなった時に打てます。

●サイコキネシス(その他攻撃技)
攻撃技を入れるとしたら、タイプ一致で打てるこれでしょう。
他にも、シャドーボール、あくのはどう、10万ボルト、エナジーボールなど
いろんな攻撃技を入れれるので、パーティと相談して入れましょう。

●しんぴのまもり
積み型サポートという事を考えると、電磁波や鬼火をまかれたら厳しいですよね。
後ろのポケモンがあまりにも状態異常に弱いなら、しんぴも選択肢。
ただ、シングルだとやはり微妙なのであまりオススメできません。

●でんじは、どくどく、バリアーなどその他補助技
その他の補助技として、電磁波、どくどく、バリアーなどあげられますが電磁波、どくどくは、あくびを入れる点からなし。
バリアーも、場に居座ることを目的としてないので、この型だとなしです。

スポンサーリンク

urutora
 

1件のコメント

  • 匿名

    先制壁張り脱出ボタンもあり

コメントを残す