WS001379ポケモンXYの急所が仕様変更になる可能性が出ています。

仕様変更といっても強くなるのではなく
弱体化です。

ダメージが減り、廃止というわけではないですが
実質廃止かもしれないという声まであります。

エキシビションマッチの動画で可能性が・・・

ポケモンゲームショーでロバート山本とゲーフリ森本さんが
ポケモンXYで対戦したわけですが、この対戦中に不思議な事が起こりました。

ちなみにその動画はコチラです。

さて、この動画内での不自然な事ですが

ニョロトノのハイドロポンプがニンフィアに急所に当たって
半分しかダメージが減っていなかった事です。

WS001380

雨の中、しかも技の威力が1.3倍になる「いのちの珠」を持っているのに
半分しか減らなかったのです。

この後、ドレインキッスで体力を回復した後に再度ハイドロポンプを受けますが
1回目に受けたダメージとほとんど一緒くらいのダメージでした。

急所ハイドロポンプ=通常ハイドロポンプという式が成り立ってしまうわけです。

このことからニンフィアは夢特性がマルスケで、そのマルスケのニンフィアを使用している。
もしくは、メロメロボディの仕様が変更された。

などといった声がとても多くあります。

 

ゴロンダの急所ダメージも・・・

ゴロンダの急所ダメージに関してもおかしかったです。

ゴロンダの種族値は不明ですが、
ナットレイのパワーウィップを急所にくらって5割くらいしかHPが減ってないんです。

WS001379

これに関しては、ゴロンダの耐久が高いというのもあり得ますよね。
そこで、少しだけダメージ計算してみました。

ここからは、細かい話になり、専門的な用語などを使っての考察です。
用語の説明までするとかなり長くなるので、用語はご自身で調べてください。

 

今回は物理耐久が高く、パワーウィップが等倍のブラッキーを例にします。
ちなみにブラッキーの種族値はH95のB110です。

物理特化のブラッキーに対して無振り性格補正なしのナットレイのパワーウィップは
21.3%~25.7%でした。

急所だと2倍なので、42.6%~51.4%のダメージとなります。

今までの急所の仕様で考えるとすると
ゴロンダはブラッキー並・もしくはそれ以上の耐久があり、なおかつ
このゴロンダは
防御特化で育成されているゴロンダという事になります。

ちなみにブラッキー並の耐久ポケモンを他にあげると
ヤドラン、ソーナンス、デスカーン、グライオン
などが上げられます。

以上の点を踏まえての急所仕様変更の可能性

エキシビションマッチで、わざわざガチガチに育成した
防御特化のゴロンダを使うというのは少し考えにくい気がします。

それに、ゴロンダの耐久が、上記であげたポケモン以上というのは
非常に考えづらいんじゃないかとも思います。

更に言えば、ニンフィアの夢特性がマルスケという事も考えづらいです。

このような点からも、あくまで個人的な予想ですが
急所の仕様が変更されたのではないかと思います。

もし、急所仕様の変更がないと仮定すると
ニンフィアはメロメロボディの仕様が変更されて、あのダメージになった。
ゴロンダは、耐久が半端無く高く、あのダメージになった。

と考えるしかないと思います。

上記の予想より、個人的には急所仕様変更の方がしっくりきます。

それにポケパルレで急所の確率を上げる事もできるみたいですが
これも、急所の仕様が変更され、少し弱くなかったからではないかと思います。

 

仕様変更となった時のダメージなどは?

ニンフィアやゴロンダのダメージを見る限りだと
1.5倍という事すらも考えづらいです。

この対戦を見る感じだと
急所でもダメージは変わらず、積み技や壁の効果を無視したダメージを与える。
(積み技というのは、ド忘れや鉄壁です。壁というのは光の壁とリフレクター。)

というのが一番しっくりきます。

急所ダメージアップなしと考えると廃止みたいなものだし
耐久が高いポケモンが一気に強くなる気はしますが
ニンフィアとゴロンダの急所ダメージがどうしても気になります。

まあ仮にダメージアップは、あっても1.2倍とかですかね・・・。
1.2倍だったらニンフィアへのダメージも低乱数と高乱数だったと仮定すれば
一応つじつまは合うんじゃないかと思います。

 

ただ、あくまで今回の予想は僕個人の予想です。
確定情報でもなんでもないので、その辺はご了承ください。