スポンサーリンク

ポケモンORAS メガボーマンダ対策を考察!弱点は?

メガボーマンダ対策ポケモンORAS(オメガルビー・アルファサファイア)で
メガボーマンダの対策を考察していきます。

メガボーマンダの弱点となるポケモンは誰か?
複数いるのでいろいろと紹介していきます。

ORAS発売初期の頃に比べれば数は減りましたが
それでもまだまだメガボーマンダは居ますので
しっかり対策していきましょう。

ポケモンORAS メガボーマンダ対策

1.ポリゴン2やクレセリアで受けるこれが一番安定していると思います。
ポリゴン2やクレセリアなら物理型でも特殊型でも受けれます。
竜の舞捨て身タックルは1回なら耐えますし
通常捨て身タックルも2発耐えれます。クレセリアは乱数ですが高確率で耐えます。
その後の返しの冷凍ビームで落とす事ができます。
クレセリアの場合は火力が足りませんが、ゴツメ+捨て身の反動でいけます。
冷凍ビームじゃなくても電磁波を巻いておけば後続に繋げられます。

2.電磁波を巻く
先ほどと少し被りますが、電磁波を巻けばメガボーマンダの強さは半減します。
素早さが負けているポケモンで冷凍ビームを打つことができるので落とせます。
電磁波を巻く為には、先ほどあげたポリゴン2やクレセリアで良いですが
他にもボルトロスやクレッフィなどのいたずらごころ持ちのポケモンもオススメです。

3.上から殴る
竜の舞をされる前に上から冷凍ビームで殴るのも一つの手です。
例えばゲッコウガなどがオススメですね。
タスキを持たせていれば後出し時に竜の舞をされても大丈夫です。
ただ、上から殴るのはあまりオススメできません。
タスキを持たせたり、対面時じゃないと効果がないからですね。

4.壁を貼っておく
リフレクターや光の壁をはっておくのも対策になりますね。
クレッフィやニャオニクスなどではれれば特に安全でしょう。

スポンサーリンク

 

コメントを残す