マフォクシー育成論ポケモンXY マフォクシー育成論です。
いのちのたま型の技構成について考察します。
特性はマジシャン型ではなく猛火型となっています。

crashさん投稿の育成論です。

=>crashさん育成論一覧はコチラから

XY御三家の中ではレートであまり見かけないマフォクシー。
気になる方は是非ご覧下さい。

マフォクシーの種族値と採用理由

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
マフォクシー 75 69 72 114 100 104

s種族値がガブリアスを抜いているためガブリアスに攻撃される前に攻撃できます。
また、環境で猛威を奮っているギルガルドやメガフシギバナにも強い駒とまります。

今回紹介する型

性格:臆病
特性:猛火
努力値:CS252,H6
技構成:オーバーヒート、めざめるパワー(氷)、サイコキネシス、選択技(後述)
持ち物:命の珠

性格、努力値、特性、持ち物

●性格
最速ガブを抜くために最速安定です。

●努力値
火力、素早さが共に重要なのでcsぶっぱ安定です。残りは好みで振ってください。

●特性
実質専用特性であるマジシャンが目立っていますが火力増強アイテムを持たせないと
ガブリアスが確定で倒せないので猛火一択です。

●持ち物
命の珠か拘り眼鏡から選択してください。今回は小回りがきく命の珠で考察します。

技構成

●めざめるパワー氷(確定)
ガブリアスを倒すために必要です。

●サイコキネシス(確定)
メガバナメタにもなりタイプ一致で威力が安定しています。
ラッキーメタのサイコショックについては、ラッキーをこいつで相手にするのが間違いなので候補外です。

●オーバーヒート(確定)
持ち物命の珠をもたせてこれを打つとH252ギルガルドが確定で吹っ飛びます。よって確定です。

選択技
残りの枠は好みで選択してください。

●鬼火
S種族値が高いため物理アタッカーに対して上から打てます。

●火炎放射、大文字
オーバーヒートはギルガルドメタのために採用していると言っても過言ではないため
オーバーヒートとの両立もありです。

●くさむすび
水、地、岩に刺さります。マフォクシーが本来苦手な相手を倒せます。

運用

先発で使ってください。技の範囲が広いためうまく刺されば3縦ができるかもしれません。
オーバーヒートを安易に打つと積みの起点になりかねないので慎重に使用してください。

ダメージ計算

●オーバーヒート
H252ギルガルド 確1
H4メガガルーラ 73.4~86.7%

●サイコキネシス
HD特化メガバナ 62.5~74.8%
H252チョッキブシン 58.9~69.8%

●めざパ氷
H4ガブリアス 確1

最後に

いかがでしたか?ガブを上回るSを所持している+ギルガルドを1発で倒せる火力を
所持しているためなかなか活躍してくれます。

特性マジシャンは面白い特性ではありますが、
ガブリアスやギルガルドを倒せることのほうがマフォクシーの強みが生かせるため採用は見送りました。
ジュエルがあれば採用の余地があると思います。これで育成論を終わります。
最後まで、御覧いただきありがとうございました。