スポンサーリンク

ポケモンXY サンダース育成論考察!オススメ技構成や耐久調整は?

ポケモンXY サンダース育成論ポケモンXYのサンダースの育成論考察です。
オススメ技構成は何なのか?

耐久調整や素早さ調整などの
細かい努力値調整についても触れていこうと思います。

サンダースを育成する人は参考にしてください。
個人的にはコレがテンプレじゃないかなと思います。

サンダースの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
サンダース 65 65 60 110 95 130

CSが高いサンダースですが、BW2まで言えば耐久調整と素早さ調整が多かったですね。

XYではどのように努力値を振るのが良いのか
個人的にオススメの型を紹介します。

今回紹介するサンダースの型

性格:おくびょう
特性:ちくでん
努力値:CS252,H6
技構成:かみなり、ボルトチェンジ、めざめるパワー氷、あくび
持ち物:いのちのたま

性格・努力値や調整について

努力値についてですがCSぶっぱです。

●素早さについて
まずサンダースと言えば、一番大事なのは素早さです。
BW2までで言えば、スターミー(115族)を抜くのが最低ラインでした。
その為、耐久まで努力値が振れたので、結果的に耐久調整など多かったですが
今作では、最低ラインはゲッコウガ(122族)と言えると思います。
できればオンバーン(123族)までは抜きたいところ。
ただ、最低ラインはココですが、ココまで振るなら全振りで良いと思います。
理由は後述します。

特攻について
特攻に関しても、いのちの珠を持っても火力不足レベルなので
全振りがオススメです。全振り雷でいろんなメジャーポケモンを確1にできます。
詳しくは雷のダメージ計算を見れば分かると思います。

●耐久について
こうなると耐久にあまり振れなくなってしまいます。
それなら、スカーフや1龍舞ギャラやカイリューなどで
130族まで抜けていない物を抜けるように最速にした方が良いですね。
メガゲンガー相手にも同速勝負できるのもポイントです。
以上の理由からも、CSぶっぱとします。

使い方

使い方としては、ボルトチェンジを打って少しずつ相手の体力を削るのが役目です。
そして、有利な相手には、めざパ氷か雷で一撃で落としましょう。
また、これ以上繰り出せない時や、ボルトチェンジで交換できるポケモンがいない時に
最後に「あくび」を使えば、起点も作れます。

高い素早さから、ボルトチェンジや、あくびを打てるのが利点です。
他の電気タイプと差別化する為にも、あくびは欠かせないと思います。

技構成

●ボルトチェンジ
サンダースは耐久がないので、ボルトチェンジでダメージを与えつつ
温存していく為に必要です。珠を持っていればボルチェンで結構もっていけます。
それに、雷を持たせる場合の、もう一つの安定ウエポンとしてあったほうが良いです。

●あくび(確定)
他の電気タイプとの差別化の為にも是非入れてほしい技です。
最後にあくびをつかって次のポケモンに回せば、そのポケモンで積み技を使う事もできます。
積み技を使えるポケモンとセットで使うのがオススメです。
また、ボルトチェンジ読み地面ポケモン交換読みでも打てます。

●めざパ氷(ほぼ確定)
全振り珠で、無振りガブリアスに99.4%~119.1%入ります。
スカーフやタスキが多いですが、交換読みなどを視野に入れたり
それ以外のアイテム持ちのガブに勝てる点からもめざパは欲しいです。
カイリューは落とせませんが、オンバーンなどにもささるのでオススメです。
電気との相性補完も良いです。

●雷(10万ボルトと選択)
個人的には雷がオススメです。雷にすると
H振りニョロトノが110.6%~131.9%
H無振りメガギャラドスが102.3%~124.1%
H振りブルンゲルが101.9%~120.7%
H振りスイクンが95.6%~113%

などなど、雷でギリギリ落ちるポケモンが非常に多いんです。
10万ボルトだと、落とせなくなるので、雷で一撃で持っていく為に
雷がオススメです。
このダメージ計算からも、C全振りにする理由が分かると思います。

●10万ボルト(雷と選択)
雷の方をオススメしますが、最後に全抜きする時に命中不安が気になります。
命中がどうしても不安な方は10万で確2を狙っても悪くはないと思います。

●シャドーボール(めざパと選択)
めざパを粘るのが面倒な方などは、めざパの変わりに入れましょう。
電気が効かない相手に等倍で入ります。
メガゲンガーにもささりますが、雷の方が威力は高いです。
ただ、雷と違い、安定で打てます。ただし確1じゃないです・・・。

●どくどく(あくびと選択)
あくびの方が差別化になりますが、どくどくもアリです。
耐久ポケモンに直接打ったり、ダースに出てくる特殊受けに使えます。
ただし、差別化を考えると、やはりあくびの方がオススメです。

スポンサーリンク

urutora
 

コメントを残す