スポンサーリンク


ダイパリメイクのポケモン数と学習装置の有無が判明か?

ダイパリメイク ポケモン数 学習装置

ポケモンBDSP(ダイパリメイク)のポケモン数と学習装置の有無が判明しました。

その他にもいろいろと明らかになっています。

その点も含めて一緒に紹介していきます。



スポンサーリンク

ダイパリメイクのポケモン数と学習装置の有無が判明か?

ダイパリメイク ポケモン数 学習装置

 

今回ダイパリメイクで明らかになったことですが、まず今回公開された動画を貼っておきます。

そして、今回明らかになった情報を箇条書きで先に書いてしまうと下記の通りです。

・トレーナーのレベル帯は原作と大きく変化はないが倒した時にもらえるお金は増えている
・わざマシンは使い切り。だが入手方法は増える
・ひでんマシンはポケッチの新アプリで野生ポケモンに使わせる
・ポケモンセンターとフレンドリーショップは別の建物になっている
・隠れ家はゲームの序盤から行ける。ここで複数の炎タイプが入手できる
・メガシンカとキョダイマックス廃止
・オートセーブが追加
・学習装置が廃止。戦闘後に全員に経験値が入るという剣盾仕様
・メニューからボックスを操作することができる「どこでもボックス」採用
・全国図鑑なし、ポケモン図鑑(シンオウ図鑑)は450匹以上に。

 

これらが新たにわかった情報です。

今回大きく反響を呼んでいるのは、まずわざマシンが使い切りになってしまった事です。
原作に近づけた事によって賛成派の方もいますが、不便になった事には変わりがないので残念と感じている方も多いようです。

 

そして学習装置の有無に関しても注目されています。

学習装置は廃止され、戦闘後に自動的に学習装置のように全員に経験値が入るようになっています。
これはありがたいという声も多いですが、ぬるゲーになったという声もあります。

 

そして一番重要なのがポケモン数ですね。

全国図鑑がないというのにがっかりしている方がかなり多いです。
ですがコレに関しては現時点の全国図鑑は890匹います。

これらのポケモンを全て登場させるのはかなり難しいと思うので仕方ない事だと思います・・・。

 

プラチナのシンオウ図鑑は210匹だったので、今回のダイパリメイクのシンオウ図鑑が450匹以上となるとかなり拡大していることになります。

ただ、シンオウ図鑑との比較ではなくプラチナの全国図鑑と比較すると493匹となるので減ったという結果になりますね・・・。

 

ですが450匹以上と書かれているため、450匹ちょっととは限りません。

ポケモン剣盾のプロモーションは約800と紹介され、実際は893匹の登場でした。
なのでダイパリメイクに関しても約450匹となっていますが、実際は493匹の可能性もあります。

実際は何匹出るのか気になるところですね。

スポンサーリンク




コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)